エスプリの強さ

総合トップ > エスプリの強さ > 取扱い製品・サービス > 自動検温・マスク着用確認 WatchOver(ウォッチオーバー)

自動検温・マスク着用確認 WatchOver(ウォッチオーバー)

WatchOver(ウォッチオーバー)とは

AI(人工知能)による顔認証技術と赤外線(サーモセンサー)カメラを活用した非接触で体温測定とマスク着用確認が1秒以内にできるオリジナル端末とシステムを組み合わせたサービスです。

WatchOver使用イメージ(タブレット型の場合)

WatchOver使用イメージ(タブレット型の場合)

WatchOverの特徴

1.自動化による人員削減

AI(人工知能)を活用した顔認証技術と赤外線カメラにより検温やマスク有無検知を自動化。検温スタッフの配置が必要ありません。

2.非接触による感染リスクの低減

カメラに映ることで検温・マスク確認を行えるため、被計測者は画面タップやボタンなどを押す必要がありません。

3.短い計測時間

1秒未満で体温測定とマスク着用有無チェックが可能。
待ち時間のストレスと混雑を減らします。

4.導入コストが安い

他社同種サービスと比較し、圧倒的な低価格を実現しました。
ベーシックプランであれば月額利用も無料です。

5.個人認証・勤怠管理可能

有料のスタンダードプラン(個人認証)、プレミアムプラン(個人認証+勤怠管理)に加入することで利用可能です。

6.カスタマイズ可能

ご要望に応じたカスタマイズが可能です。(別途費用)

WatchOver導入時・利用時の費用

  • 端末
    WatchOverタブレット型端末やWatchOverカメラ型端末の費用
    (カメラ端末設定やモニタリング用のノートパソコンは別途必要)
  • プラン(月額利用料)
    利用する機能に応じてプラン料金(月額)が発生。ベーシックプランは月額無料
  • 工事費
    主にカメラ型端末の設置工事。必要に応じて設置用材料費が発生。
  • オプション
    タブレット型 配置用スタンドや安心パック(故障窓口/対応・保守対応)などオプションを希望される場合の費用

WatchOver端末ラインナップ

タブレット型

WatchOver タブレット型

赤外線を用いた体表温度のスクリーニングと、顔認識を用いた個人認証機能により「温度測定」と「顔の認識」を1秒以内で行います。出退勤の管理や、来客者の記録など様々な用途でお使い頂けます。
端末代もカメラ型より安価で、取付工事不要のスタンド設置で使用可能なため初期費用を抑えることが可能です。

商品名 タブレット型 WatchOver
型番 ABF-101
仕様
  • 測定誤差:±0.3℃
  • 測定温度範囲:35℃~42℃
  • 動作環境温度:-10℃~50℃
測定距離 0.8m
同時測定可能人数 1名
本体価格 オープン価格(お問い合わせください)

カメラ型

AI顔認識サーモセンサーカメラを設置することで、同時に複数人の体表温度の測定を可能とします。エントランス等に設置することで防犯カメラとしてお使いいただく事もでき、測定した記録の確認はパソコンやスマホなどからも可能となります。

商品名 カメラ型 WatchOver
型番 ABF-201
仕様
  • 測定誤差:測定温度34℃~38℃(±0.3℃)、測定温度38℃以上(±0.6℃)
  • 測定温度範囲:-15℃~150℃(好感度モード) 0℃~550℃(低感度モード)
  • 動作環境温度:-20℃~55℃
測定距離 1m~5m
同時測定可能人数 20名
その他 ノートパソコンは付いておりません。
本体価格 オープン価格(お問い合わせください)

利用プラン(月額利用料)

プラン名 月額利用料(税別) 機能
ベーシックプラン 0円
  • 体温検知
  • マスク検知
  • モニタリングソフトウェア(設定パネル)
スタンダードプラン 3,000円
  • ベーシックプランの機能すべて
  • ホワイトリスト登録
  • ブラックリスト登録
  • 標準レポート機能
プレミアムプラン 5,000円
  • スタンダードプランの機能すべて
  • 勤怠管理
  • ゲスト認証機能
  • カスタムレポート機能
  • データ保持ストレージサービス
  • スマートキー連携
  • 区域管理

WatchOverはこんなところで活躍します

WatchOverにより人手をかけず自動でマスクの着用確認や発熱者のスクリーニングが可能なため様々な場所で利用可能で、クラスター対策やスーパースプレッダー対策が期待できます。

  • 毎日出社・勤務する場所(オフィス)
  • 集団への感染拡大が懸念される場所(病院・学校・幼稚園・介護施設)
  • 物流により多くの人との接点が発生しうる場所(物流拠点・倉庫)
  • 不特定多数が訪れる場所(スーパー・薬局など小売店、商業施設・公共施設)

WatchOverに関するお問い合わせは下記より受け付けております。

お問い合わせ

関連するページ

このページの先頭へ