発見と創出

総合トップ > 発見と創出 > 現場を楽にするIoTサービス

現場を楽にするIoTサービス

現場を楽にするIoT(異常監視) あなたに代わって、ずっと見ておきます。 IoTとは、Internet of Thingsの略で日本語にすると「モノのインターネット」ですが、簡単にいうと色々な物をインターネットに繋げて情報を収集したり、操作できるようにする事です。
すでに日常生活でもスマートフォンやデジタル家電がインターネットに繋がり様々なメリットを享受していると思います。
弊社では、主として製造業向けに設備機器などの「モノ」と「インターネット」を繋ぎ、場所や時間を考慮することなく異常の監視や収集できる稼働データを蓄積し可視化することで業務効率の向上や新たなビジネスを創出する支援を“現場の負担を増やさず”にIoTを導入致します。

無料お問い合わせ・資料請求はこちら

現場を楽にするIoTサービスのご案内

IoTを導入するとこう変わる

ビュッフェにIoTを導入した場合 例えば、ビュッフェで室温30度を超えると料理の風味が損なわれたり傷んでしまうとした場合、フロアスタッフはこまめに室温系を確認しながら接客を行い室温が30度を超えたらエアコンのスイッチをいれる。という作業をこなしています。

室温が30度を超えたらエアコンON!
一見大したことのない作業に思えますがはフロアスタッフはこまめに室温系を確認しながら主業務である接客を行う必要があります。
それだけでも、大変なのは想像できますがビュッフェが混雑する時間帯となれば室温計のチェックができなかったり、チェックを忘れてしまうケースも出てくると思います。
もし、チェックを忘れ室温30度を超えていれば料理の質が低下しお客様が不満を漏らすかもしれません。

こう考えるとちょっとの作業でも減らして主業務に集中できる環境を整える事は重要なことと認識できたかと思います。

30度を超えるとアラートを送信。このちょっとしたことにIoTを活用するとセンサーが室温を常に監視して30度を超えるとアラートを送信。
フロアスタッフは室温計をチェックすることなく自身が持つ端末で30度を超えたことをしり、エアコンのスイッチを入れる。

もちろん、もっと多くのモノをインターネットでつなげば実現できることは増えます。

弊社はこのちょっとしたIoTから業務効率の改善や新規サービスの創出につながるお手伝いをさせていただきます。

エスプリのIoTで、現場を変えずに “結果” を変えます。

無料お問い合わせ・資料請求はこちら

IoTの導入目的

弊社が製造業様からご相談頂くIoT導入目的は主に3つです。

トラブルの迅速な復旧
  • 生産ラインから離れていても異常を発生を把握したい。
  • 早朝や夜間など営業時間外でもアラートを把握したい。
稼働状況把握
  • 製造ラインの機器や設備の稼働状況を可視化したい。
  • 遠隔にある生産ラインの稼働率や生産量を把握したい。
  • 稼働データを蓄積して生産性の向上や問題発見/改善につなげたい。
保守で稼ぐ
新ビジネスの創出
  • 納品済みの製品の安定稼働を支援する遠隔保守サービスを展開したい。
  • 設備の部品交換や洗浄などのタイミングを把握してメンテナンス提案を実施したい。

エスプリではこれらの目的達成を支援する現場を楽にするIoTサービスを提供しておりますので、お気軽にご相談ご連絡ください。

無料お問い合わせ・資料請求はこちら

関連するページ

このページの先頭へ